産婦人科

産婦人科

メインイメージ

安心してお産をしていただくために

当センターの試み

1.産婦人科医が当直しています。

急変に対応し、迅速な対応ができるよう、産婦人科医が院内に夜間も当直をしており、24時間、365日、医師による対応ができます。
また、外来通院の患者さんにも対応しています。
東金・九十九里地域で産婦人科医が当直を行なっているのは当センターだけです。

2.緊急手術、帝王切開に24時間対応できます。

手術を行なうために必要な2人目の産婦人科医及び麻酔科医を確保しており、夜間の緊急手術にも対応しています。
東金・九十九里地域で夜間の全身麻酔手術に対応できるのは当センターだけです。

3.小児科医が待機しています。

常勤の小児科医が待機しており、子供の急変にも対応できます。
東金・九十九里地域で常勤の小児科医が待機しているのは当センターだけです。

4.千葉大学病院、千葉県こども病院と提携を結んでいます。

非常に重篤で、新生児集中治療室(NICU)が必要な場合は千葉大学病院、千葉県こども病院と提携を結んでおり、速やかに治療を受けることが出来ます。

5.内科や外科など、他科と連携もしています。

内科系や外科系の科が多くあり、合併症妊娠に対しては他科と連携して診察することができます。

科長挨拶

 2016年4月から産婦人科の診療を開始させていただいております。三名の常勤医とその他非常勤医師とで、分娩対応と一般婦人科診療を中心に行っております。良性疾患に対しては,腹腔鏡手術や開腹および腟式手術も行っております。分娩につきましては手術室と麻酔科協力のもと,緊急帝王切開にも対応しております。助産師・看護師と協力して、皆様が安心してお産をされて笑顔で退院できるような施設を目指したい所存です。よろしくお願いいたします。


プロフィール

診療科 産婦人科
氏名 種元 智洋(たねもと ともひろ)
免許・資格
医学博士
産婦人科専門医および指導医
日本周産期新生児学会評議員
日本人類遺伝学会評議委員
周産期(母体胎児)専門医および指導医
臨床遺伝専門医
超音波専門医
細胞診専門医
母体保護法指定医
専門分野
周産期医学、胎児診断、臨床遺伝学
診療科 産婦人科
氏名 山内 貴志人(やまうち きしひと)
診療科 産婦人科
氏名 下舞 和貴子

患者さんへのメッセージ

写真①
 お母さんも赤ちゃんも、産前産後の生活が快適に送れるよう、スタッフ一同、細やかで丁寧なケアを心がけていきます。

外来について

基本的に予約診療となっておりますので、事前にお電話にてご予約をお取りください。
(予約電話番号:0475-50-1333)

ご予約無しで、当日受診されることも可能ですが、予約状況によってはお待たせする可能性がございますのでご了承ください。
紹介状が無い場合でも受診できますが、できるだけ紹介状をご持参いただきますようお願いいたします。


当センターの産婦人科では、診察における医師の指定や要望をお受けすることができません。また、完全主治医体制ではございませんので、曜日や混雑状況によっては診療医師が変更する可能性がございますのでご了承ください。

診療予定表

※受付時間外や休診であっても、特に妊娠されている方は以下のような症状などが現れた場合は遠慮なくご相談ください。

  1. 高熱がでたとき
  2. 頻繁にお腹が張ったり、痛みがあったとき
  3. 水っぽいおりものが連続的に流れるようにでたとき

お知らせ

分娩予約・費用について

里帰り出産の方

里帰り出産をご希望の場合は、分娩予約のため、妊娠中期までに一度ご来院ください。
また、お越し頂く際には通院している病院または産院からの紹介状をお持ちください。

費用について

標準分娩費用は通常分娩の場合約50万円、帝王切開の場合は約58万円です。
※費用のうち、ご加入の健康保険から出産一時金として42万円が支給されます。
当センターの産婦人科は全室個室となっております。

※早朝・深夜・休日のご出産の場合は加算があります。

妊婦健診

 胎児と母体の健康状態などを確認するため、各種健診があります。

妊婦健診

妊娠期の方へ(母親学級・ヨガクラス)

母親学級のお知らせ

妊娠、出産、産後の不安を少しでも解消し、健やかな妊娠期を過ごせるようにお手伝いしたいと考えて企画しました。
当センターで同じような時期に出産される方が集まることにより、仲間づくりにも役立てればと思います。ぜひご参加ください。
※当センターで分娩予定の方に限らせていただきます。ご了承ください。

参加方法:妊婦健診時に助産師へお伝えください。
     参加をキャンセルする場合は、平日の14時~16時に3階南病棟へご連絡ください。

場  所:東千葉メディカルセンター 会議室(都合により変更する場合があります)

費  用:無料

持 ち 物 :母子手帳、筆記用具、パンフレット

実施日等:

①前期
平成30年度
平成31年度
4月12日(金) 5月10日(金) 6月7日(金) 7月12日(金) 9月13日(金)
10月11日(金) 11月8日(金) 12月13日(金) 1月10日(金) 3月13日(金)
②後期
平成30年度
3月16日(土)
平成31年度
4月20日(土) 5月18日(土) 6月15日(土) 7月20日(土) 9月21日(土)
10月19日(土) 11月16日(土) 12月21日(土) 3月21日(土)
対象:当センターにて分娩予定の妊婦さんとその家族
内容:妊娠中の過ごし方、妊娠中の栄養、母乳育児について、
    赤ちゃんの予防接種について など
対象:当センターにて分娩予定の妊婦さんとその家族
内容:前期学級の振り返り、分娩経過ゲーム、病棟案内、沐浴、バースプランについて など

※開始時刻など詳細につきましては、予約時にご確認ください。

ヨガクラスのお知らせ

平成30年度よりお産に向けた身体づくりを目的としたヨガクラスを開催いたします。

※当センターで分娩予定の方に限らせていただきます。ご了承ください。

参加方法: 参加方法:妊婦健診時(妊娠18週~21週)時に医師にご相談ください。
診察の結果、同意書にサインをいただきます。
場所: 東千葉メディカルセンター 会議室
持ち物: 母子手帳、ヨガマット、飲み物、タオル
※動きやすい服装でお越しください。
実施日: 4月 6日、 6日 1日、 8月 3日、10月 5日、12月 7日、2月 1日
時間: 10:00 ~ 12:00
対象者: 妊娠20週目以降の妊婦で医師より安静や運動を制限する指示が出ていない方。
内容: 身体感覚を高め、自分の体をコントロールできるようにする。
お産に向けて体力づくりを行ない、足腰を鍛える。
心と身体を開放することにより、リラックス方法を習得する。

※お子様の同伴はできません。あらかじめお子様を預けてからお越しください。

産婦人科病棟内覧会

分娩施設をご検討中の妊婦さんとご家族に、当センターの外来や分娩施設をご紹介します。

予約不要&無料で開催しますので、お気軽にご参加下さい。

※休日開催の場合は、正面玄関が施錠されておりますので、夜間休日出入り口よりお入りください。

開催予定:

平成31年度    時間 14:00 ~
4月6日(土) 6月1日(土) 8月3日(土) 10月5日(土) 12月7日(土) 2月1日(土)

小児科との連携について

退院前の赤ちゃんの診察や一ヶ月健診などは、院内での連携により、小児科の医師が行ないます。
その後の育児期間において、万が一、お子様の体調が悪くなった場合などには、新生児の段階からお子様と関わっている医師による診察を受けることが出来ます。

面会時間について

基本的にはどなたでもご面会をいただけます。
当センターの面会時間は13時~20時までです。(※お子様も面会可能)
ただし、感染症に罹患している場合や、院内で感染症が発生している場合には面会制限を実施する場合がございます。

お食事をリニューアルしました

入院中も栄養バランスの良い美味しい食事を毎日楽しく召し上がって頂けるよう、今春から産婦人科にて提供しているメニューを全て見直しました。
また、入院中のご出産のお祝いとして、お祝い膳をご用意しております。

施設・設備の紹介

外来待合室

外来待合室

待合室は産科・婦人科専用で静かな環境です。

診察室

診察室

ひとつの部屋で、診察とエコー診断ができます。

エコー診断装置

エコー診断装置

当センターのエコー診断は、4D超音波診断装置を導入しております。この装置は、リアルタイムに動いている胎児を写し出せる動画像です。そのため、あくびをしたり背伸びをしている胎児の様子を立体的にご覧になることが可能です。

病室

病室

全室個室で、シャワー・トイレ付きです。(全15室)
また、母子同室を行なっています。南向きで陽当たりが良いお部屋です。

LDR(分娩室)

LDR(分娩室)

陣痛が始まったころより、このお部屋で過ごした頂き、移動することなく分娩を行なえます。

新生児室

新生児室

赤ちゃんの診察や処置をします。
ここで窓越しの面会もできます。

動画の公開について

東金市では、動画共有サービス「Youtube(ユーチューブ)」に、公式チャンネルを開設しています。
「とうがねNews(平成28年12月号)」で当センターの産婦人科を紹介していますのでご覧ください。
※産婦人科の紹介は2分40秒頃です。

https://www.youtube.com/watch?v=aVlY0kL2Vwk