形成外科

形成外科

メインイメージ

科長挨拶

形成外科では、主に体表に生じた「かたちの異常」に対して手術を中心とした治療を行います。機能や外見を回復させることによって患者さんの生活の質‘Quality of Life’を高めることを目的とした診療科です。同じ疾患であっても治療法にはいくつかの選択肢があります。ひとりひとりにあった最善の方法を選択するように心がけて診療を行います。


プロフィール

診療科 形成外科 職名 副部長
氏名 長谷川 正和 (はせがわ まさかず)
免許・資格
千葉大学大学院医学研究院総合医科学講座 特任准教授
医学博士
日本形成外科学会専門医
麻酔科標榜医
専門分野
先天異常
再建外科
マイクロサージャリー

患者さんへのメッセージ

当科では、診療までの待ち時間を少なくするため、予約制としております。事前に電話でのご予約をお願い致します。
主な対象疾患
  • 先天異常
  • 顔面外傷
  • 外傷や手術による組織欠損・変形
  • 傷跡(瘢痕・瘢痕拘縮、ケロイド)
  • 皮膚・皮下腫瘍
  • 眼瞼下垂症
  • 顔面神経麻痺
  • 腋臭症