呼吸器内科

呼吸器内科

メインイメージ

科長挨拶

日本の人口高齢化と共に呼吸器疾患は増加してきています。
肺がん・肺炎・COPD(慢性閉塞性肺疾患)は死亡原因の上位を占めています。当科ではこれらの疾患に対して、ガイドラインに沿った最新かつ適正な診療を基としつつも、患者さん個人に合わせてきめ細やかな対応をできるように努力していきます。急性期の病気を取り扱うことが多いのですが、一般外来での対応が困難な重症例の場合では当院の救急救命センターとも協力し、急性期から慢性期にわたってスムーズな連携ができるよう心がけております。


プロフィール

診療科 呼吸器内科(内科) 職名 呼吸器内科部長
氏名 笠原 靖紀
(かさはら やすのり)
学卒年 昭和63年卒
免許・資格
千葉大学大学院医学研究院総合医科学講座 特任教授
日本内科学会 指導医・総合内科専門医
日本呼吸器学会 指導医・呼吸器専門医
日本呼吸器学会 代議員
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
医学博士
診療科 呼吸器内科 職名 医長
氏名 塚原 真範
(つかはら まさのり)
学卒年 平成16年卒
免許・資格
医学博士
千葉大学大学院医学研究院総合医科学講座 特任助教
日本内科学会認定内科医
診療科 呼吸器内科
氏名 江間 亮吾(えま りょうご)

呼吸器内科の概要

当科で扱う疾患は、呼吸器系(肺、気管支、胸膜)の病気です。
気管支喘息などのアレルギー疾患、慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの喫煙関連疾患、気管支拡張症、肺炎、肺膿瘍、胸膜炎、膿胸、肺結核、非結核性抗酸菌症などの感染症、間質性肺炎、サルコイドーシス、過敏性肺臓炎などのびまん性肺疾患、肺高血圧症、肺血栓塞栓症、肺動静脈瘻などの肺循環疾患、肺がん(非小細胞肺癌、小細胞肺癌)、気胸、睡眠時無呼吸症候群など多種、多様な疾患が含まれています。


患者さんへのメッセージ

【患者さんへ】
  • 気管支喘息、COPD、慢性呼吸不全、間質性肺炎、肺がんなど呼吸器領域全般を幅広く診察診察しています。咳、痰、息切れ、胸痛など症状もいろいろなものがあります。また、胸部異常陰影の精査なども行っています。近隣の診療所、クリニック、病院の内科などでご相談の上、当院呼吸器内科の受診が必要ということであれば紹介状をお持ちになり、当科を受診していただければありがたく存じます。
【医療機関の方へ】
  • 感染管理の立場から、結核(疑い)の患者さんをご紹介いただく際は、紹介元病院(診療所)より、当センター地域医療連携室にご連絡をお願いします。地域医療連携室で受診予約・入院予約をお取りします。
TEL:0475-50-1199(代表)
受付時間:月曜日~金曜日(土日・祝日・年末年始を除く)
     午前8時30分~午後5時15分

主な治療・症例、実績の紹介

  1. 気管支内視鏡検査、超音波気管支内視鏡検査(EBUS)
  2. 肺高血圧症などの肺循環疾患に右心カテーテル検査
  3. 慢性呼吸不全に対して在宅酸素療法
  4. 睡眠時無呼吸症候群に対して持続的陽圧呼吸(CPAP)療法

教育理念

息をするという事は、いきるという事。呼吸を学んで、ともに生きてみませんか。呼吸器疾患は、多種、多様な疾患が含まれています。さらに全身疾患との関連も深く、総合的に診ることが必要な内科です。皆さんと伴に新しい呼吸器病学を学んでいきたいと思っています。