検査部

検査部

メインイメージ

検査部の基本方針

1.高度・急性期医療提供への貢献

  1. 正確で迅速な検査データおよび新しい検査方法や試薬情報、基準値の変更などに関する臨床検査情報(MTI:Medical Technologic Information)を行う。
  2. チーム医療の一員として、病棟への出張検査や採血・採尿室での業務提供などを通じた臨床各科や他職種との連携を推進する。
  3. 臨床検査技師による24時間業務提供体制(夜間・休日時間帯の緊急検査及び外来至急検査への即応)を構築し、救命救急センターにおける、高度・急性期医療提供へ貢献する。

2.業務の効率化

  1. 即応性や迅速性が求められる部門(救命救急センターや手術部など)についてはPOCT(Post of care testing:即応性や迅速性が求められる患者について小型多機能分析装置などにより、現場スタッフが簡便・迅速に検査を実施すること)を導入し、臨床検査の中央化と分散化の適切な組み合わせによる業務効率化を図る。
  2. 臨床検査技師は全て検査部に所属し、各臨床検査の専門性や特殊性を考慮しながらローテーションで担当することにより、臨床検査技師の柔軟で効率的な運用を実現する。

3.患者ニーズへの対応

検査診療時間の短縮や検査に対する不安・負担・医療費の軽減など、患者中心の医療提供を心がける。

検査部の概要

1.臨床検査とは

医師が患者さんの身体の状態を知る手法の一つです。

検体検査生理機能検査に分類されます。

  1. 検体検査は、患者さんから採取した血液、尿、喀痰、擦過物、便、臓器そして組織などの身体から離れた材料を分析する検査です。
    (業務内容)生化学的検査、免疫学的検査、血液学的検査、尿一般検査、輸血関連検査および血液製剤管理、細菌学的検査、病理学的検査
  2. 生理機能検査は、患者さんに直接センサーを付けて、それらから得た信号を数値化あるいは画像に変換し解析する検査です(ただし放射線を扱う検査を除く)。
    (業務内容)循環機能検査(心電図検査、血圧脈波検査など)、呼吸機能検査、脳神経機能検査(脳波、筋電図など)、超音波検査、自律神経機能検査など

2.業務体制

通常業務

 採血室  :月~金曜日 8:00~17:15 (祝祭日を除く)

 検体検査 :月~金曜日 8:00~17:15 (祝祭日を除く)

 生理検査 :月~金曜日 8:30~17:15 (祝祭日を除く)

日当直業務

 検体検査のみ実施

      :月~金曜日 17:15~8:00、土・日・祝祭日、年末年始の終日

 (臨床検査技師1人が常駐し、24時間、365日 検査業務を実施しています)
 当センターの検体検査は、日当直業務帯も通常業務帯と同様な種類の項目を実施しています。

3.人員構成

現在14名の臨床検査技師で、採血業務、検体検査、生理機能検査を実施しています。

検査 メンバ

検体検査部門概要

1.検体検査の内訳

生化学検査 血液、尿などの体液中の物質(酵素、無機質、タンパク質、脂質、糖などの化学成分)を定量測定(数値で表す)する検査です。
免疫学的検査
(血清学的検査)
血液、尿などの体液中に存在する、各種の抗原・抗体を測定する検査です。肝炎ウイルスに代表される各種のウイルス抗原・抗体価、腫瘍マーカー、スギ花粉等のアレルゲン抗体価などが該当します。ただし、輸血関連検査も免疫学的検査に該当しますが、ここでは別分野として扱います。
血液学的検査
(血液凝固検査も含む)
血液中の有形成分(赤血球、白血球、血小板など)の数や形態を調べる検査です。そして血液凝固検査は、血液の固まりやすさ(凝固能力)や血栓の出来やすさなどを調べる検査です。これらは主に、貧血の程度や血液疾患(白血病、血友病、悪性貧血など)の検査として実施されます。
尿一般検査 主に尿中に存在する物質(糖、潜血、タンパク質など)の定性分析(有る・無し:+・ーで表す)を行います。さらに、尿中に存在する有形成分の数や形態を調べます。また尿以外に脳脊髄液、胸水、腹水、関節液や便などを検査材料として用いる場合もあります。
※簡易定性検査 インフルエンザ抗原、尿中HCG(妊娠反応)、溶連菌抗原、肺炎球菌抗原等を短時間(10分~20分)で調べる定性検査です。検査材料は、咽頭・鼻腔のぬぐい液、便や尿などを用います。
輸血関連検査 血液型(ABO型、RhD型)検査、不規則抗体スクリーニング検査、交差適合試験(供血者の血液が輸血可能かどうかを調べる)、直接・間接クームス試験(溶血性貧血や不適合妊娠の検査)などの検査を行います。
細菌学的検査 血液、喀痰、尿、咽頭拭い液、鼻腔拭い液、脳脊髄液や膿などの材料の培養を行い、病原微生物を検出、同定します。さらに病原微生物が検出された場合は、その菌に対する各種抗生物質の感受性試験を行い、どの抗生物質が有効かを調べます。
病理検査 手術や内視鏡下で摘出した臓器、組織を薄く切り染色後顕微鏡で観察し、正常か異常を判断します。腫瘍組織・細胞の場合は、悪性度分類を行います。病理医により病理診断が行われます。また病理診断は、手術中に行われることもあります(術中迅速診断)。

2.検査に必要な採血管の種類

採血管

時々患者さんから「少ない本数で検査できないの」と尋ねられることがあります。しかし、検査項目により採血方法が異なり(採血管の中に薬剤が入っています)、検査項目が多いとどうしても採血本数が多くなってしまいます。多くの血液を採取しているように思えますが、1本あたりはの採血量はあまり多くありませんので、ご協力をお願いします。
1人あたり平均3~4本採血します。多い時は7~8本採血する人もいます。その場合、どうしても採血に時間がかかってしまいますので、気分が悪くなったら遠慮せずに、申し出てください。また都合により、ベッドで横になり採血することもあります。


3.外来患者さんの検査に要する時間(細菌検査・病理検査を除く)

当センターでは、基本的に採血・採尿後1時間以内に結果報告することを目指しています(外注検査を除く)。中には測定に1時間30分要してしまう項目もあり、1時間では報告できない時もありますが、当センターで実施している95%の項目は1時間以内で報告しております。(年に数回機器のトラブルがあり報告時間が遅れてしまうことがありますが、その時はお許しください)

採血管

生化学免疫検査に使用する採血管

 ①採血直後の血液

 ②採血後室温で1日放置した血液

 ③採血後室温で15分放置後遠心分離した血液

 (血球と血清に分かれます):検査直前の血液です

  血清成分を生化学免疫検査に使用します


4.検体検査を行うにあたっての注意点

★採血について(血液検査)

  1. 診察前に採血の予約があるとき、つらいと思いますが空腹で来院してください。
    原則採血の10時間前から飲食はしないでください。
    ただし、水(水道水・白湯・ミネラルウォーター)は摂取可能です。
    また、お茶類、コーヒー、ジュース類、牛乳、アルコールは水ではありませんので、気を付けてください。
    (検査項目により食事を摂取しても大丈夫な項目もありますので、前回の診察時に主治医に確認すると良いと思います。)
    ※採血前に食事をしてしまうと→中性脂肪血糖値が高くなります。
  2. ご年配の患者さんは、脱水に注意して水分(水道水・白湯・ミネラルウォーター)をきちんと摂取してください。
    ただし、主治医より水分摂取の制限をされている方は、その指示に従ってください。
  3. 普段朝食後に服用するお薬については、主治医の指示(飲む飲まないは)に従ってください。
  4. 主に腕から採血しますので、袖のきつい服の着用は避け、肘上まで出し易い服装で来院してください。
  5. 採血後は、5分ほど採血部位を圧迫してください。内出血して脹れることがありますので、揉まないようにお願いします。
  6. 採血当日は入浴可能ですが、採血部位は強くこすらないでください。
  7. 採血した部位の血液が止血したら、絆創膏は剥がしてください。

★採尿について(尿検査)

  1. 検査前にお手洗いに行きたくなった場合は、スタッフにその旨お知らせください。当日尿検査があるか、お調べいたします。
  2. 採尿は、担当医の指示がない限り、出始めの最初の尿ではなく、途中の尿(中間尿)を取るようにしてください。最初の尿には、雑菌が混ざっていることがあるため、検査に影響を与えてしまう場合があるためです。

検体検査室の風景

検査室1 検査室2 検査室3 検査室4

5.生理機能検査の内訳

循環機能検査
(心エコー検査を含む)
心臓の機能を主に、全身の循環器系の働きを調べる検査です。検査項目は、安静時12誘導心電図・24時間ホルタ―心電図・トレッドミル運動負荷心電図・血圧・脈波検査などがあります。
安静時12誘導心電図検査は、1分程度の記録時間で不整脈や心筋梗塞などの評価を行います。通常の心電図検査では評価が難しいなど医師の判断により、24時間の心電図を記録するホルタ―心電図検査やベルトコンベアの上を歩き、運動による負荷をかけて心電図を記録するトレッドミル運動負荷心電図なども行っています。
心エコー検査は、絶えず動いている心臓の働きを直接評価することができます。心臓の大きさ、動き、血液の流れる速度や方向、弁の状態を観察し評価を行っています。
呼吸機能検査 喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)などをはじめとした肺の病気の有無や程度、手術前に肺の能力を調べる検査です。
スパイロメータという機器を用い、息を吸ったり・吐いたりして肺の大きさや弾力性、酸素の取り込み能力などを検査します。
睡眠時無呼吸症候群を診断する簡易検査(アプノモニター)も行っています。呼吸器内科では、より正確に診断するために、1泊入院して行うポリソムノグラフィー(PSG)検査も行っています。
脳神経機能検査 脳の働きにともなって発生する電気的活動や筋肉・末梢神経の状態を調べる検査です。
脳波(安静時・睡眠時)・神経伝導速度検査などがあります。
脳波検査は脳が活動すると、微弱な電気が流れます。その電気的な変化を頭皮につけた電極でとらえ、波形として記録したものです。
検査時間は電極装着や記録などを含め1時間ほどかかります。
神経伝導検査は、末梢神経を皮膚の上から電気刺激し、記録することで手足のしびれ・痛みなど原因となる末梢神経障害の診断・評価を行います。
超音波(エコー)検査 超音波は人の耳には聞こえない音を利用して、各臓器の状態や機能、腫瘤の有無などを調べる検査です。
検査部位は腹部・血管(頸動脈・下肢動静脈)・甲状腺などを検査します。
検査時間は内容、部位により異なります。(30分~60分程度)

6.生理機能検査を受けるにあたっての注意点

★12誘導心電図検査

  1. 胸、両手首・足首に電極をつける検査のため、上下分かれた脱ぎ着のし易い服装でお越しください。
  2. 当センター検査部では、電極はシールタイプのものを使用しており、剥がす際には細心の注意を払っていますが、場合により痛みを伴うことがあります。そのような場合には、スタッフに遠慮なく申してください。

検査風景1安静時12誘導心電図検査
検査風景2トレッドミル運動負荷心電図検査














★24時間ホルター心電図検査

  1. 機器装着中は入浴やシャワーはできません。
  2. 検査に際して、機器の装着・取り外しのために2度来院して頂く必要があります。

★トレッドミル運動負荷心電図★

  1. 履きなれた歩きやすい靴を持参してください。
  2. 動きやすい服装でお越しください。
  3. 上半身は検査着に着替えて頂きます。

★呼吸機能検査★

  1. 呼吸が制限されるようなぴったりとした服装や下着の着用は避けてください。
  2. 入れ歯の方でマウスピースがくわえにくい場合は、入れ歯を外して頂くことがあります。

検査風景3呼吸機能検査
検査風景4脳波検査














★脳波検査★

  1. 頭皮上に電極をクリームで装着しますので、整髪剤等は使用せずにお越しください。
    (痛みはありません)
  2. 検査時間は1時間以上かかるため、検査前にお手洗いを済ませてください。

★筋電図検査★

  1. 肘や膝を出しやすい服装でお越しください。
  2. 検査時間は1時間ほどかかることもあります。

★超音波(エコー)検査★

  1. 検査部位にはゼリーをつけ検査を行いますので、上下分かれた脱ぎ着のしやすい服装でお越しください。
  2. 食事制限について
    腹部エコーを受ける際には、食事の影響で胆嚢や膵臓が見えにくくなる場合がありますので、原則として朝食は摂取しないで来院してください。
    経食道心エコーは食事をされた後は検査ができませんので、必ず検査説明時の注意点をご確認ください。
    心臓・頸動脈・四肢血管・甲状腺エコーでは、特に食事制限はありません。
検査風景5腹部超音波検査
  • 看護部のご紹介
  • 講演会

Information

地方独立行政法人 東金九十九里地域医療センター
東千葉メディカルセンター
〒283-8686
千葉県東金市丘山台三丁目6番地2
TEL:0475-50-1199

お問合せはこちら