臨床工学部

臨床工学部

メインイメージ

臨床工学技士は、現在の医療に不可欠な医療機器のスペシャリストであり、今後増大する医療機器の安全確保と有効性維持の担い手としてチーム医療に貢献しています。
臨床工学技士の歴史は比較的新しく、1987年に制定され、医学と工学の両面を兼ね備えた国家資格です。


臨床工学技士の業務

  1. 医師の指示の下に、生命維持管理装置の操作及び保守点検を行う事を業とする医療機器の専門医療職種です。
  2. 医師をはじめ、看護師などと共に医療機器を用いたチーム医療の一員として生命維持をサポートしています。

呼吸治療業務

検査部

人工呼吸器が安全に使用されているか、装置に異常がないかなどを確認します。
また人工呼吸器のメンテナンス・管理なども行っています。

人工心肺業務

心臓手術の際、体外循環装置(人工心肺)を操作・管理します。また、同時に数多くの医療機器が使用されるため、操作・管理は多岐にわたります。

血液浄化業務

検査部

血液透析療法、血漿交換療法、血液吸着法などの血液浄化療法の際、各種血液浄化装置を操作・管理します。

手術室業務

手術で使用する医療機器は、その内容により多岐にわたります。臨床工学技士は手術が円滑かつ安全に行われるように医療機器の操作や事前の管理を行います。

集中治療業務

生命が危機的状況にある患者さんに対して高度集中治療を24時間体制で行っています。臨床工学技士は人工呼吸器や補助循環装置など生命維持管理装置を操作・管理します。

心血管カテーテル業務

検査部

心臓カテーテル検査は心臓病の診断をするための検査方法です。臨床工学技士は検査の記録や検査室内にある装置の操作を行います。緊急時の対応として補助循環装置やペースメーカなどを操作することもあります。

ペースメーカ業務

不整脈の患者さんに対してペースメーカといった機器を体に植込む手術を行います。臨床工学技士はそのような機器の管理や操作を行います。

医療機器管理業務

医療機器を安全に使用できるようにかつ、機器の性能が維持できるように保守・点検を行います。また故障や急変時に迅速に対応できるような体制づくりを行っています。

  • 看護部のご紹介
  • 講演会

Information

地方独立行政法人 東金九十九里地域医療センター
東千葉メディカルセンター
〒283-8686
千葉県東金市丘山台三丁目6番地2
TEL:0475-50-1199

お問合せはこちら