リハビリテーション部

リハビリテーション部

メインイメージ

リハビリテーション科は医師1名、理学療法士7名で運営しています。また、言語聴覚療法士の配置も予定しています。東千葉メディカルセンターでは、超急性期からリハビリテーションを実施し早期離床・早期退院に向けてリハビリテーションを実施していきます。医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカー(MSW)が共同してリハビリテーションに携わり、患者さんの寝たきり防止、自宅退院のために身体機能の低下、動作能力の低下を防ぎ、日常生活の維持・向上を図ります。

当院では3D動作解析装置等専門的な機器を用い、エビデンスを持った治療及び治療の効果判定を行うことで、より効果的なリハビリの実施をめざします。
今後、学会発表等も積極的に行っていく予定です。

疾患別診療報酬

当院での疾患別リハビリテーションは、脳血管疾患等リハビリテーション料、運動器リハビリテーション料、呼吸器リハビリテーション料、心大血管疾患リハビリテーション料の診療報酬を申請しています。

対象となる疾患

以下の疾患の患者さんに対し、必要に応じてリハビリを実施していきます。

(例) 脳血管疾患、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血等
運動器疾患、骨折、変形性膝関節症、変形性股関節症の手術後等
呼吸器疾患、肺炎、無気肺等の急性発症した呼吸器疾患等
心大血管疾患、急性心筋梗塞、狭心症、開心術後、大血管疾患等

理学療法部門

理学療法部門では、患者様の基本的身体機能の改善を図り、歩行などの移動を確立するための訓練を行います。 理学療法では、運動機能の回復、日常生活活動(ADL)の改善を図り、最終的にはQOL(生活の質)の向上をめざします。

作業療法部門

作業療法部門では、作業を通して患者様の応用的身体動作や精神機能の向上をはかります。具体的には上肢体幹機能訓練、高次脳機能賦活訓練に合わせて日常生活動作・家事動作に対してアプローチをしていきます。
ADLキッチンや訓練用浴槽を使用し、急性期から、在宅復帰に向けた訓練を実施していきます。

言語聴覚療法部門

言語聴覚療法部門では、嚥下障害(水や食事をうまく飲み込めない)に対する訓練、失語症(聞く、読む、話す、書くといった言語能力の障害)、構音障害(口や舌がうまく動かずはっきりと話せない)等による言語障害に対する訓練、高次脳機能障害(記銘力、注意力障害)に対する訓練を行っていきます。

  • 看護部のご紹介
  • 講演会

Information

地方独立行政法人 東金九十九里地域医療センター
東千葉メディカルセンター
〒283-8686
千葉県東金市丘山台三丁目6番地2
TEL:0475-50-1199

お問合せはこちら