ロゴ

交通アクセス文字の大きさ 普通 大きく
電話番号のお掛け間違いにご注意ください
0475-50-1199
千葉県東金市丘山台三丁目6番地2
MENU

心電図同期MRI検査におけるポジショニングの検討

試料・情報の利用目的及び利用方法

MRIにおいて、大血管や心臓などを対象とする場合、心電図同期による撮像が頻繁に行われています。しかし、3.0Tのような高磁場のMRI装置の場合、患者がボア内に入る際に心電図のT波が上昇し、正確な心電図同期が得られないことがあります。その影響で息止め時間の延長や画像にボケが入り、画質の低下を招きます。この原因として、大動脈弓を流れる血流が磁場に垂直であり、両端に誘導された電圧のために3点電極ECGのT波が上昇することが報告されています。このような誘導電圧の影響を排除するために、ベクトル心電図(VCG)がMRI装置に適応されましたが、その影響を完全に排除しきれていないのが現状です。本研究の目的は大動脈走行と静磁場方向の関係が誘導電圧に影響を与えていると仮説を立て、検査時のポジショニングによる心電図波形に与える影響について検討を行うことです。

研究期間

2021年倫理審査承認後から2021年12月31日まで

利用する試料・情報

当院の放射線部内において、心拍異常のない健常ボランティア10名を対象とし,ボランティアから測定した心電図波形を利用します。

利用するものの範囲

東千葉メディカルセンター 放射線部

試料・情報の管理責任者

東千葉メディカルセンター 放射線部 村山 大知

本研究で得られた情報に関する手続き

本研究で行われる検査は通常診療で行われているものです。本研究により、直接的に患者に不利益を与えることはありません。また、個人情報を厳重に管理する体制等を整備し、公表時には個人情報の漏えいがないように行います。データ等は、東千葉メディカルセンターの鍵のかかる棚で保管します。

問い合わせ担当者

東千葉メディカルセンター 
放射線部 村山 大知
TEL:0475-50-1199(内線:2115)
文部科学省・厚生労働省による「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に基づいてHPに掲載しています。