令和2年度 東千葉メディカルセンター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 80 79 152 260 331 548 980 1481 981 249
【解説】この指標では、年齢を10歳ごとに区分し入院治療をお受けになった患者さんの数を示しています。
令和2年度の全退院患者数は5141人で最も多い年齢層は70~79歳で全体の28.8%となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 267 2.52 2.66 0.00 67.11
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 152 8.43 9.53 1.32 73.28
060335xx97x00x 胆嚢炎等 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 32 17.88 17.27 9.38 73.38
060060xx9710xx 胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 29 12.93 13.64 3.45 81.24
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 25 11.08 10.70 0.00 70.96
入院中の転科については、主たる診療科(最終診療科)にてカウントしています。
内視鏡的治療、経皮経肝的治療、カテーテル治療を目的とした入院患者が大多数を占めています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 82 21.40 23.36 24.39 73.82
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 68 25.26 25.09 76.47 78.72
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 50 4.60 5.18 4.00 63.74
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 50 18.88 21.03 24.00 66.88
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2 なし 29 18.79 20.40 6.90 72.62
入院中の転科については、主たる診療科(最終診療科)にてカウントしています。
外傷疾患以外の慢性疾患に対する手術は脊椎手術、下肢人工関節手術を多く行っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし 94 5.54 4.95 0.00 64.40
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 81 3.68 4.44 0.00 67.57
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 66 10.73 12.09 3.03 66.95
050050xx9910xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 61 3.11 3.07 1.64 68.34
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 50 20.88 17.23 16.00 77.46
入院中の転科については、主たる診療科(最終診療科)にてカウントしています。
当科では、最近の不整脈診療の進歩に伴い、頻脈性不整脈に対する経皮的カテーテル心筋焼灼術(いわゆるアブレーション治療)が増えています。
また、当院の特性として救急診療を大事にしており、虚血性心疾患、特に急性心筋梗塞や心不全患者も多く診療しています。救急診療を中心とし、バランスのとれた循環器診療を心掛けています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 60 23.70 18.86 60.00 70.42
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 46 18.91 15.64 47.83 70.11
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 30 21.90 15.54 56.67 72.97
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 30 14.27 8.18 13.33 66.27
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 30 11.30 9.68 10.00 73.97
入院中の転科については、主たる診療科(最終診療科)にてカウントしています。
救急科、脳神経内科と共同で24時間体制で神経救急診療を行っています。急性期血行再建術(rt-PA療法、血栓回収療法)にも対応しています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 53 8.00 7.23 0.00 61.15
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 41 4.46 4.86 0.00 67.71
060020xx02xxxx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 21 24.81 19.04 4.76 76.10
060035xx010x0x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 21 20.19 16.19 4.76 74.71
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 定義副傷病 なし 17 8.00 7.17 0.00 46.35
入院中の転科については、主たる診療科(最終診療科)にてカウントしています。
当科では、胆のう炎、虫垂炎等の急性疾患のみならす、胃がん、大腸がん、肝臓がん、胆道がん、膵臓がん等の悪性疾患の治療に力を入れています。胆石症、大腸がん等は多くの症例において積極的に腹腔鏡補助下手術を行っており、低侵襲で患者さんにやさしい手術を施行しています。手術難易度の高い肝臓がん、胆道がん、膵臓がんも多くの手術を行っており、高度医療を提供しています。消化器内科とタイアップして診療科の枠を取り払い、内視鏡治療、化学療法と手術療法を組みあわせて、常に最良の治療が選択できるようにしています。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 36 4.42 3.81 5.56 48.78
180010x0xxx3xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 3あり 17 30.76 37.36 29.41 71.29
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 15 16.13 20.51 6.67 77.00
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 なし 12 15.75 19.20 25.00 77.92
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 11 20.27 13.00 45.45 84.36
入院中の転科については、主たる診療科(最終診療科)にてカウントしています。
当科では、当センターや他院で発症した重症患者さんに対する集中治療を行っています。中でも敗血症に対して、 血液浄化法をはじめとする各種人工補助療法を用いた治療を行っています。
また、救急車やドクターヘリで搬送される薬物中毒や多発外傷の患者さんも、多く受け入れています。
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 36 16.89 15.64 27.78 67.42
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 19 24.26 18.86 68.42 70.89
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 18 16.39 15.54 27.78 73.39
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 1あり 発症前Rankin Scale 0、1又は2 14 18.93 17.35 78.57 78.29
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 13 11.85 7.48 15.38 72.62
入院中の転科については、主たる診療科(最終診療科)にてカウントしています。
当科としては単独の入院診療は行っておらず、脳神経外科と協働して脳神経系救急疾患の入院対応を行っています。
主たる対象疾患は脳血管障害ですが、脳血障害のうち、くも膜下出血は原則脳神経外科が主体科を担当しています。
脳梗塞および脳出血は初療した科が主体科となっており、脳神経内科担当症例のうち上位4疾患がすべて脳血管障害であった点は必然と思われます。
てんかんが第5位となっていますが、近年高齢発症のてんかんが増加しているとの報告と一致していると考えられます。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 40 3.40 3.39 2.50 71.25
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1 あり 35 2.00 2.04 0.00 59.00
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 25 16.84 18.61 12.00 72.20
040120xx99000x 慢性閉塞性肺疾患 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 12 19.58 13.22 8.33 74.83
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 12 14.08 9.18 41.67 60.83
入院中の転科については、主たる診療科(最終診療科)にてカウントしています。
当科では、肺がんなどの悪性腫瘍で入院される患者さんが最多です。気管支鏡検査を目的とした検査入院や抗がん剤治療を目的とした入院が多くなっています。難病指定になっている間質性肺炎の診療も行っています。 睡眠時無呼吸症候群の診断に必要な睡眠ポリグラフィー検査を行い、CPAPなどの診療を行っています。 その他、気管支喘息、COPD、肺炎、胸膜炎、慢性呼吸不全など呼吸器疾患全般の診療にあたっています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 44 7.73 9.45 0.00 32.18
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術・処置等2 なし 20 2.00 3.11 0.00 36.00
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 16 7.88 9.45 0.00 30.81
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 15 6.73 9.57 0.00 45.40
120140xxxxxxxx 流産 14 1.93 2.42 0.00 36.50
入院中の転科については、主たる診療科(最終診療科)にてカウントしています。
地域の産科診療の灯が消えないように、産科を中心とした診療を行っています。手術に関しても産科手術がメインとなっており、初期流産に対する子宮内容除去術や夜間休日も含めた帝王切開術が多数を占めています。婦人科手術においては子宮頸がんの初期病変に対する頸部切除術、子宮の良性腫瘍に対する全摘術、良性の卵巣腫瘍に対する手術を実施しています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx0101xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 14 17.29 22.56 0.00 74.93
050163xx02x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術・処置等2 1あり 10 18.40 19.98 0.00 69.90
050170xx02000x 閉塞性動脈疾患 動脈形成術、吻合術 指(手、足)の動脈等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 16.13 - -
050080xx0111xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 1あり - - 34.83 - -
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 5.43 - -
-:10未満の数値の場合
入院中の転科については、主たる診療科(最終診療科)にてカウントしています。
弁膜症手術および未破裂腹部大動脈瘤が多いです。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 15 5.20 4.06 0.00 52.40
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし 14 2.36 3.07 0.00 70.57
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1 なし - - 4.76 - -
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし - - 5.28 - -
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし - - 7.71 - -
-:10未満の数値の場合
入院中の転科については、主たる診療科(最終診療科)にてカウントしています。
当科では、主に体表の形態や機能の異常に対する治療を行っています。皮膚腫瘍、軟部腫瘍、眼瞼下垂症の症例が多く、顔面骨骨折などの外傷の治療も行っています。
内科(総合診療科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 14 13.29 13.00 7.14 74.07
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 なし - - 19.20 - -
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1 なし - - 12.87 - -
110290xx99x0xx 急性腎不全 手術なし 手術・処置等2 なし - - 14.03 - -
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア2 - - 15.71 - -
-:10未満の数値の場合
入院中の転科については、主たる診療科(最終診療科)にてカウントしています。
当科では肺炎、尿路感染症、蜂窩織炎、膿瘍などのコモンな感染症や脱水に伴う急性腎不全、電解質異常などに対する入院加療を行っています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 29 4.17 6.13 10.34 0.00
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 11 6.18 11.19 9.09 0.00
080270xxxx1xxx 食物アレルギー 手術・処置等1 あり - - 2.12 - -
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし - - 13.00 - -
150070x1xx01xx 川崎病(2歳未満) 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり - - 10.15 - -
-:10未満の数値の場合
入院中の転科については、主たる診療科(最終診療科)にてカウントしています。
院内出生の新生児で呼吸障害や哺乳不良などの場合に入院加療を行っています。重症な場合はNICUのある病院にお願いしています。
また、食物アレルギーの負荷試験や、尿路感染症、川崎病での入院も行っています。例年、気管支喘息の急性増悪や肺炎での入院もありますが、感染症の流行がなかったためわずかでした。
代謝・内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
10007xxxxxx1xx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等2 1あり 19 12.58 14.60 0.00 69.00
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 13.33 - -
10007xxxxxx0xx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等2 なし - - 11.26 - -
100140xx99x00x 甲状腺機能亢進症 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 10.54 - -
100040xxxxx01x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり - - 24.05 - -
-:10未満の数値の場合
入院中の転科については、主たる診療科(最終診療科)にてカウントしています。
当科では、糖尿病・脂質異常症などの代謝疾患および甲状腺疾患をはじめとする内分泌疾患に対し、正確な診断に基づいて治療を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 10 - - 18 - - 1 8,7,6
大腸癌 12 23 36 - - - 1 8,6
乳癌 - 1 8,6
肺癌 10 39 16 1 8
肝癌 - - 11 10 - 14 1 8,7,6
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
-:10未満の数値の場合
【解説】5大癌とは、発症症例が多いとされる胃癌、大腸癌、肝臓癌、肺癌、乳癌のことをいいます。
UICC(国際対がん連合)が定めた腫瘍の病期分類があり、T(原発腫瘍の広がり)、N(所属リンパ節転移の程度)、 M(遠隔転移の程度)を評価し、それを指標に癌の進行度と広がりの程度を一度に表すことが出来るように作られたのがStage分類となります。
入院中の主な治療が5大癌であり、初回治療中の事例の治療前の情報でカウントしています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 16 19.44 76.06
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
-:10未満の数値の場合
【解説】市中肺炎とは、社会生活を送っている中で罹患した肺炎の事をいいます。
重症度は、「尿素窒素」「動脈血酸素飽和度」「血圧」の結果、及び「意識障害」「免疫不全状態」「肺炎重症度規定因子」を基準に沿って評価し軽症、中等症、重症、超重症に区分した表となります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 339 21.65 75.19 46.69
その他 23 19.22 74.57 3.04
【解説】脳梗塞における治療状況で3日以内に行ったケース(急性期)とそれ以外のケース(慢性期)による転院率、入院期間の違いについて示した表となります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 256 0.45 1.04 0.00 67.04 大腸ポリープ切除術1泊2日(モビプレップ)
大腸ポリープ切除術2泊3日(ピコプレップ)
大腸ポリープ切除術2泊3日(モビプレップ)
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 157 1.86 9.23 4.46 74.36 胆管・膵管ステント交換術2泊3日
胆管・膵管ステント交換術3泊4日
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 等 30 2.47 7.83 13.33 74.07
K708-3 内視鏡的膵管ステント留置術 24 2.13 9.96 8.33 74.29 胆管・膵管ステント交換術2泊3日
胆管・膵管ステント交換術3泊4日
K681 胆嚢外瘻造設術 24 0.58 17.25 12.50 74.54
同一手術において複数の手術手技を行った場合、主たるもののみカウントしています。
複数の診療科に転科している患者様がそれぞれの診療科で手術を行った場合、DPCで計上する際には、主たる手術と判断した手術で計算を行っています。
そのため年報上での術式に関する件数は、以下のとおりです。上部消化管内視鏡検査(GF):1570件うち治療件数:78件、下部消化管内視鏡検査(CF):1537件うち治療件数:321件、 胆膵内視鏡検査/治療(ERCP):396件、超音波内視鏡検査/治療(EUS):111件、経カテーテル肝動脈化学塞栓療法(TACE):20件、経皮経肝胆道ドレナージ術(PTBD):50件となります。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) 等 139 1.98 17.76 24.46 71.33 人工股関節置換術
人工膝関節置換術
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 57 2.54 17.89 63.16 75.37 下肢外傷手術
上肢外傷手術
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 34 2.35 19.12 20.59 71.88 頚椎後方手術
後方除圧術
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 32 3.13 16.56 3.13 72.63 頚椎後方手術
後方固定術
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 29 1.66 3.97 10.34 62.45 下肢外傷手術
上肢外傷手術
同一手術において複数の手術手技を行った場合、主たるもののみカウントしています。
複数の診療科に転科している患者様がそれぞれの診療科で手術を行った場合、DPCで計上する際には、主たる手術と判断した手術で計算を行っています。
そのため年報などの集計結果と異なる場合があります。年報上での術式に関する件数は以下のとおりです。人工関節置換術は、股関節:53件、膝関節:81件、脊椎疾患手術:166件、スポーツ外傷:50件、救急・外傷手術 骨折・四肢切断手術:394件となります。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 84 1.80 3.46 0.00 65.29 経皮的カテーテル心筋焼灼術3泊4日
経皮的カテーテル心筋焼灼術4泊5日
経皮的カテーテル心筋焼灼術5泊6日
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 70 2.03 1.99 1.43 68.60 冠動脈形成術1泊2日
冠動脈形成術2泊3日
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 41 0.05 6.88 2.44 68.59
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 40 0.03 11.83 2.50 67.98
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 26 2.04 8.92 3.85 77.12 ペースメーカー植え込み術8泊9日
同一手術において複数の手術手技を行った場合、主たるもののみカウントしています。
複数の診療科に転科している患者様がそれぞれの診療科で手術を行った場合、DPCで計上する際には、主たる手術と判断した手術で計算を行っています。
頻脈性不整脈に対する経皮的カテーテル心筋焼灼術(いわゆるアブレーション治療)、徐脈性不整脈に対するペースメーカ移植術、虚血性心疾患に対する経皮的冠動脈ステント術を多数施行しています。特に、経皮的冠動脈ステント留置術の53.6%は、急性心筋梗塞や不安定狭心症のような緊急で治療を要する症例に施行しており、救急診療を大事にしている当院の特徴を表しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 58 2.28 4.91 0.00 60.90 腹腔鏡下胆嚢摘出術
K6335 鼠径ヘルニア手術 41 0.98 2.46 0.00 68.05 鼠径ヘルニア手術
K6552 胃切除術(悪性腫瘍手術) 21 6.62 17.19 4.76 76.10 開腹胃切除術
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 18 3.78 25.22 16.67 73.94 開腹結腸切除術
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 15 3.80 9.33 0.00 73.47 腹腔鏡下結腸切除術
同一手術において複数の手術手技を行った場合、主たるもののみカウントしています。
複数の診療科に転科している患者様がそれぞれの診療科で手術を行った場合、DPCで計上する際には、主たる手術と判断した手術で計算を行っています。
そのため年報上での術式に関する件数は、以下のとおりです。悪性腫瘍手術:105件、ヘルニア手術:53件(陥頓:10件)、 胆石関連手術:77件でこれ以外の手術件数を合わせて総件数316件となります。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 39 1.13 5.92 0.00 32.82 帝王切開術
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 31 0.90 5.97 0.00 31.84 緊急帝王切開術
K867 子宮頸部(腟部)切除術 20 0.00 1.00 0.00 36.00 婦人科円錐切除手術
K877 子宮全摘術 13 1.46 5.08 0.00 48.38 婦人科良性開腹手術
婦人科緊急開腹手術
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 11 2.18 6.55 0.00 46.91 婦人科良性開腹手術
婦人科緊急開腹手術
同一手術において複数の手術手技を行った場合、主たるもののみカウントしています。
複数の診療科に転科している患者様がそれぞれの診療科で手術を行った場合、DPCで計上する際には、主たる手術と判断した手術で計算を行っています。
地域の産科診療の灯が消えないように、産科を中心とした診療を行っています。手術に関しても産科手術がメインとなっており、初期流産に対する子宮内容除去術や夜間休日も含めた帝王切開術が多数を占めています。婦人科手術においては子宮頸がんの初期病変に対する頸部切除術、子宮の良性腫瘍に対する全摘術、良性の卵巣腫瘍に対する手術を実施しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 等 38 2.61 10.74 13.16 74.11
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 13 3.92 35.00 46.15 61.08
K178-4 経皮的脳血栓回収術 12 0.58 18.92 75.00 67.33
K1781 脳血管内手術(1箇所) - - - - -
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) - - - - -
-:10未満の数値の場合
同一手術において複数の手術手技を行った場合、主たるもののみカウントしています。
複数の診療科に転科している患者様がそれぞれの診療科で手術を行った場合、DPCで計上する際には、主たる手術と判断した手術で計算を行っています。
脳血管障害、頭部外傷等の救急疾患を中心に手術を行っています。脳血管内手術にも対応しています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5551 弁置換術(1弁) 16 5.94 17.63 6.25 71.50
K5606 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(分枝血管の再建)) 11 3.27 13.18 0.00 71.45
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 10 4.40 13.90 0.00 68.30
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) - - - - -
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) - - - - -
-:10未満の数値の場合
同一手術において複数の手術手技を行った場合、主たるもののみカウントしています。
複数の診療科に転科している患者様がそれぞれの診療科で手術を行った場合、DPCで計上する際には、主たる手術と判断した手術で計算を行っています。
弁膜症手術、未破裂大動脈瘤が多く、続いて冠動脈バイパス術が多いです。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 13 0.15 1.23 0.00 69.85
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) - - - - -
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) - - - - -
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -
K013-23 全層植皮術(100cm2以上200cm2未満) - - - - -
-:10未満の数値の場合
同一手術において複数の手術手技を行った場合、主たるもののみカウントしています。
複数の診療科に転科している患者様がそれぞれの診療科で手術を行った場合、DPCで計上する際には、主たる手術と判断した手術で計算を行っています。
当科では、悪性腫瘍を含めた皮膚腫瘍、軟部腫瘍、眼瞼下垂症の手術を多く行っています。眼瞼下垂症のほとんどが後天性(加齢性)によるもので、高齢者の症例が多いです。眼瞼内反症や眼瞼外反症など眼瞼の手術が増えています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 12 0.23
180010 敗血症 同一 28 0.54
異なる 37 0.72
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 18 0.35
異なる 11 0.21
-:10未満の数値の場合
【解説】DIC、敗血症、その他の真菌症及び手術・術後の合併症の発生率一覧になります。
入院契機の欄については以下のとおりです。
同 一:傷病名で入院したもの
異なる:傷病名とは異なる傷病で入院したもの
入院するきっかけとなった病名と入院期間の主な治療が同一か異なるかで区別をしています。
手術・処置等の合併症は、他施設での実施手術および処置後の症例も含まれます。
更新履歴
2021/9/28
令和2年度 東千葉メディカルセンター 病院指標ページを公開しました。