メニューアイコン
メニューアイコン
メニューアイコン
メニューアイコン
メニューアイコン
メニューアイコン
メニューアイコン
メニューアイコン

サポート体制

職種・部署を越えたサポート体制

 多職種が専門性を発揮し、サポートし合う体制を整えていることで、看護師が看護の仕事に集中し、より質の高い看護を目指していくことができます。

薬剤部

 薬剤師が、各病棟に配置されており、最適な薬剤療法を実践しています。担当薬剤師が病棟に入ることで、看護師は患者さんの個別性や病状に合わせた薬剤効果や副作用など情報を共有できます。効果的な薬剤投与や自己管理に向けての適切な指導を薬剤師より学んでいます。

臨床検査部

 臨床検査技師が、24時間体制で救急患者さんや急変時に対応しており、病状を評価し確実な治療の提供に貢献しています。検査技師が毎日部署ラウンドしているので、看護師は検査項目の確認や検査方法について質問でき、正しい知識を身につけられます。

臨床工学部

 臨床工学技士は、特殊医療機器の操作・循環管理、ベッドサイドでの安全管理を担い、安定した高度医療の提供を行っています。また看護師への勉強会を開催し、医療機器の取り扱いや注意点などを教えてくれます。臨床現場でもすぐ相談できる存在です。

リハビリテーション部

 理学療法士・作業療法士は、多職種と協働し超急性期からのリハビリに取り組んでいます。患者さんの機能維持・回復に向けて、看護師も日々の入院生活に統一したリハビリを取り組めるよう情報を共有し、細かく目標を設定しています。

放射線部

 診療放射線技師は、X線写真や各種造影検査、CT、MRIなどを用いた画像検査に携わっています。看護師は、放射線診断や検査内容などの研修会を通し、高度医療についての知識を身につけられます。また、診療介助時は、的確な指示や情報提供のもと、安全に業務を行うことができます。

臨床栄養部

 管理栄養士は、患者さんの状態に合わせ、治療効果の高い食事を提供しています。看護師は、日々、管理栄養士と検査データや食事摂取状況など情報共有しながら、最良の方法で良い栄養を維持できるよう取り組んでいます。

看護補助者

 看護補助者は、日々の業務で、看護師と声を掛けあいながら、ケアの介助や患者さんの搬送、療養環境の整備を行い、より安全で細やかなケアを患者さんに提供しています。研修を通し医療現場での基礎知識や技術を身につけています。

地域医療連携室

 地域医療連携室は、地域の医療機関と密接に連携すと共に、患者さんが安心して受診できるよう病院の窓口となっています。入院患者さんやご家族の支援には、医療ソーシャルワーカーが早期から介入し、看護師と共に患者さんが安心して療養していくための調整を行っています。

医療事務

 各病棟に、クラークが配属されており、入退院される患者さんの書類の整理や事務手続きを管理しています。入退院が多い日も声を掛けあうことで、スムーズに手続きが進み、優先順位をつけての業務整理、患者さんをお待たせする時間の短縮につなげることが出来ます。

SPD

 各部署での必要な医療材料の補充・管理が確実に行われているため、処置時に必要物品を揃えることができ、取り寄せ物品も電話で確認し、運搬を依頼することができ、効率的に業務を行うことができます。