クリニカルラダー

評価項目の達成度で判断する方法を採っています

東千葉メディカルセンター看護部の看護習熟度の達成評価と研修計画には、
クリニカルラダーを採用しています。
ラダー(ladder)とは、本来「はしご」の意味で、看護の知識や技術の到達度がどのレベルにあるかを段階別に示し、段階ごとの目標設定や研修計画を文章化したものです。

本センターは、新規オープンに当たり、多様な施設から多様な経験をもった看護師が集まりました。 したがって、「うちの何年目だと大体これくらいできるはず」といった既成概念がないため、何年目がどの段階、という経験年数に沿った段階分けではなく、評価項目の達成度で判断する方法を採っています。
 

アイコンジェネラリスト

看護実践モデルとしてリーダーシップを発揮し、後輩を育成できる
  • *シニアリーダー研修

アイコン中堅

自律的に看護を実践できる
  • *中堅リーダー研修

アイコン一人前

適切な看護サービスを提供できる
  • *メンバーシップ研修
  • *新リーダー研修

アイコンひとり立ち

確実に看護技術を習得して、安全・安楽に看護を提供できる
  • *メンバーシップ研修
  • *看護過程の展開

アイコンビギナー

専門職業人として基本的な知識・技術・態度を習得し、指導を受けながら看護を実践できる
  • *採用時中央集合研修
  • *フォローアップ研修
  • *看護過程の展開