ロゴ

0475-50-1199

リハビリテーション部

患者さんへ

リハビリテーション部では、さまざまな疾患を持った患者様や、手術前後における入院期間中の患者様に関わる機会が多い部署となります。皆様の日常にもリハビリという言葉が浸透してきた今だからこそ、患者様ひとりひとりに合わせた治療を提供できるように関わっていきたいと考えています。

リハビリテーション部について

リハビリテーション部は診療部長医師のもと、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の三部門で診療を行っています。

東千葉メディカルセンターでは医師より必要とされた患者様に対しリハビリテーションを実施しており、術前から術後超早期よりリハビリテーションを行い、早期離床・早期退院を目標に関わらせていただいています。

疾患別診療報酬として、脳血管リハビリテーション科、運動器リハビリテーション科、呼吸器リハビリテーション科、心大血管リハビリテーション科の診療報酬を申請しています。

理学療法部門

早期離床・早期退院を目標に寝返り・起き上がり・起立といった基本的動作をはじめ、歩行や階段昇降訓練を行っています。
理学療法では運動機能の回復・日常生活動作(ADL)の改善を図り、退院後の生活の質(QOL)の向上を目指します。

作業療法部門

上肢・手指に対する可動域訓練やADL動作に必要な患者様には家事動作や巧緻性動作訓練を行っています。
脳卒中後の患者様には、上肢・手指の運動麻痺に対する訓練や高次脳機能障害に対する評価やそれに合わせた訓練を行っています。

言語聴覚部門

脳卒中後の患者様を中心とした、嚥下生涯(水や食事を上手く飲み込めない)に対する訓練や失語症(聞く、読む、話す、書くといった言語能力の障害)、構音障害(口や舌が上手く動かずはっきりと話せない)等による言語障害に対する訓練、高次脳機能障害(記銘力、注意力障害)に対する訓練を行っています。

対象となる疾患

【例】
脳血管疾患
(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、てんかん等)
運動器疾患
(骨折、変形性関節症の術後、脊椎管狭窄症などの脊椎疾患の術後等)
呼吸器疾患
(肺炎、無気肺等の急性増悪や集中治療室へ入室した患者様、外科的手術後等)
心大血管疾患
(急性心筋梗塞、狭心症、開心術後、大血管疾患等)

お問い合わせについて

現在、メールによるお問い合わせは受け付けていません。
大変お手数ですが、お電話にてお問い合わせください。